赤ら顔の化粧水安い!おすすめランキング!

 

「どうしたの?熱でもあるの?」
「顔赤いけど、お酒飲んだの?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

今回は、返金保証あり!を中心として”赤ら顔対策の化粧水”のランキングを解説します。

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

コラム:赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?他に原因はある?

 

赤ら顔で悩んでいる方も少なくありませんが、一体、何が原因で顔が赤くなるのでしょう。
まず一番に挙げられるのが生まれ持った体質です。

 

皮膚の内部には毛細血管が密集しており、気温に合わせて血管を拡張・伸縮させることで体温調節を行っていますが、もともと人より色素や皮膚が薄かったり、毛細血管が多かったりすると、血液が透けて顔が赤く見えてしまうのです。

 

またもともと敏感肌という場合、肌トラブルによる炎症で赤くなりやすかったり、間違ったスキンケアで皮膚を薄くさせてしまい先述したように血液が透けて赤く見えるようになることがあります。

 

またこうした体質以外に他に原因もあり、その代表的なものが自律神経のバランスが乱れていることが挙げられます。

 

自律神経は血管の拡張収縮を司っているため、そのバランスが乱れると体温調節のための血管の拡張・伸縮が上手く行われずに顔が熱を持って赤くなることがあるのです。

 

特に温度変化が激しい時に顔が急に赤くなるような場合、こうしたことが原因であるケースが多くなっています。

 

また食生活も赤ら顔の原因として挙げられます。香辛料やコーヒーや紅茶に含まれるカフェインなど血管を拡張するような作用を持つ食品をよく摂取するという場合、赤ら顔になってしまうことがあります。

 

このように赤ら顔の原因は生まれ持った体質以外にも数多くあり、適切な対策をとることで改善が期待できるものも少なくないのです。

 

 

 

美容Q&A〜お肌のお悩み

 

化粧水を塗る女性

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

顔の乾燥肌はかゆみや湿疹を生じさせたり、メイクが上手くできなくなったりといった悩みの元になってしまいます。顔の乾燥肌の原因には色々なものが考えられますが、その中でも代表的なものの一つが空気の乾燥です。特に冬にはただでも空気が乾燥するのに、寒さによりお肌の血行も悪くなったり、皮脂の分泌量が減ったりすることで、より乾燥しやすい状態になってしまいます。
環境によるものではなく、その人自身の肉体に関する原因の一つは加齢です。お肌の保湿機能は、年齢を重ねるにつれてだんだんと減少して行ってしまうため、ある程度の年齢を過ぎると空気の乾燥の影響を受けやすくなってしまうのです。また加齢によってお肌のターンオーバーが衰えることも、乾燥肌になる要因の一つです。
年齢が若い人でも顔の乾燥肌に悩まされることはあります。その原因として大きいのは生活習慣の問題です。例えば睡眠不足は成長ホルモンの分泌量を減らし、お肌のターンオーバーを悪くしてしまいますし、食事の栄養バランスの偏りやストレスの蓄積なども、顔の乾燥肌を生じさせてしまう原因となります。さらに、良かれと思ってやっているスキンケアも、コスメが自分のお肌に合わなかったり、洗顔の際に洗いすぎたりすることにより、顔の乾燥肌の原因となる場合があります。

 

 

基礎の化粧品についてのQ&A

 

 

化粧水の役割は?

 

洗顔をした後、肌の水分はどんどん失われていき乾燥した状態になってしまいますが単に水を付けただけでは肌に浸透せず、乾燥は進んでいきます。

 

化粧水には、肌を柔らかくするエモリエント剤や保湿成分などが含まれており、角質層に水分を浸透させる役割があります。化粧水を使用することで、肌に水分を補うことができるため肌の調子を整えて柔らかくすることができるので、乳液やクリームをむらなく肌の表面に行き渡らせたり、水分と油分のバランスを整えたりする役割もあります。

 

オイリー肌の人は、化粧水が必要ないと思っている人もいるようですが、肌が乾燥すると肌が自分自身を守るために皮脂を過剰に分泌するためかえってべたつきやてかりが気になる脂っぽい肌になることがあります。

 

オイリー肌の人にとっても水分を補給して水分と油分のバランスをとる化粧水の役割はとても重要です。また、化粧水には、肌を美しくするための水に溶けやすい成分を含ませることで、
効果的に美容成分を肌に届けるという役割も担っています。ビタミンC誘導体や水溶性の抗酸化成分、保湿成分などを角質層にたっぷりと補給することができるため、美容効果を得ることができるというわけです。

 

 

 

 

乳液の役割は?

 

普段何気なく使っている乳液は、化粧水で与えた水分が肌から蒸発することを防ぐ役割が有名ですが、他にも様々な役割を担っています。

 

乳液は、水分の蒸発を防ぐだけではなく、美容液を付けて補給した美容成分を、肌の奥まで浸透させて潤いや美容成分を逃がさないようにするという役割もあります。また、乳液自体にも保湿効果があるので、肌に潤いを与えながら、肌の水分と油分のバランスを整えて表面を優しく覆うという二つの役割を同時に果たしているのです。

 

べたつきやてかりが気になるオイリー肌の人や汗ばんでメイクが崩れやすい暑い季節などには、乳液を使わずに化粧水で保湿をするだけのスキンケアにしているという人もいますが、
乳液を使わないことで肌の補給した水分は蒸発してしまう割合がとても高くなるので、乾燥してしまい肌が乾燥を防ぐために過剰に皮脂を分泌してさらにべたついてしまうという悪循環に陥ることがあります。

 

ニキビやべたつきが気になる人は、化粧水の後に乳液を塗って保湿をすることがべたつき対策になるのです。乾燥肌や敏感肌の人は、乾燥によって低下する肌のバリア機能を高めたり、くすみが気になる人には、肌の表面をうるおしきめを整える効果が期待できます